眠れないあなたに知ってほしい就寝時間の考え方

就寝時間の考え方

厚生労働省が発表する「睡眠障害対処12の指針」では、就寝時間について、次のように記されています。

3. 眠たくなってから床に就く、就床時刻にこだわりすぎない
・眠ろうとする意気込みが頭をさえさせ寝つきを悪くする

眠くなってから床につく。これが一番良いとのことです。その他就寝時間についてアドバイスを紹介します。

睡眠不足の人は早寝を

普段十分な睡眠時間をとれていない人は、休日を利用して睡眠不足のツケを取り戻しましょう。
ただし休日に遅く起きるのではなく、休日の前日に早く寝て、いつも通りの時間に起床しましょう。
いわゆる"寝だめ"はダメです。
遅く起きると生活のリズムが乱れてしまいます。
一番悪いのは次の日が休みだからといって、夜遅くまで遊び、昼くらいまで寝てしまうことです。

メラトニンの分泌が眠気を起こさせる

メラトニンというホルモンが眠気を生じさせます。
メラトニンは光を浴びることで生成され、14~16時間後に身体に分泌されます。
つまり、朝8時に光を浴びれば、2時頃に眠気がやってきます。
眠れない人は朝に光を浴びているかどうか確認しましょう。